読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぼうろく

北海道の人。適当にもっさりまったり書きます。さくら荘のましろが好きです。アニメとかパソコンとか

Raspberry pi3でUbuntu serverを立てる!

【Prologue】Raspberry pi3で自宅サーバを立ててた

(本題ではありませんので読み飛ばして、どうぞ)
今までの自宅サーバ

Raspberry pi3 Model BにRasbianを入れて運用してました。
VPNSSH、Mydnsにドメインと紐付けるIPを更新するスクリプトの運用をしてました。

ところがある日電源をぶち切ってしまい、再起動されましたが
起動時にVHABがなにか悪さしてるのか、自宅ネットワークがダウンしてしまう減少に遭遇しました。
理解せず他人のブログのスクリプトをコピペして作ったVPN環境なので
調べてもよくわかんねえし、もうイチから作り直してしまえと、今度は全部自分で理解して建てようと、
そういうことです。

Raspberry pi3で自宅サーバをも1度立てる!

1. そもそもRasbianてなんぞや
2. 使いやすくしてるつもりなのか使いにくくなってる
3. Ubuntuじゃない
との理由からRasbianはもう嫌だ、管理したくない

→じゃあUbuntu使えばいいじゃん

ラズパイでUbuntu動くよな。。。でもラズパイ装飾されたubuntuは嫌だ

www.ubuntu.com
こいつを入れてみた。

うん。うんともすんとも言わねえ、くそ

ARM/RaspberryPi - Ubuntu Wiki
ってことでこっち、
これはubuntu kernelのubuntu管理らしい。

作戦開始!

.img.gzファイルをダウンロードして解答
windowsなら7zipを使って、
debianlinuxならイメージファイルあるページに手順が乗ってる。
MACは嫌いなので知らん

1. SDFromatterでSDカードをフォーマットして
2. Win32 Disk Imagerでイメージを書き込み
3. SDカードをラズパイに突っ込んで
4. ラズパイに電源を接続
やったでおい、起動したでや!!

5. そんでもって、user:ubuntu pass:ubuntuでログイン
6. 新しいパスワードを設定
7. #apt-get update
をして
8. #apt-get upgrade
をして
9. #apt-get install vim ssh //完全なvimsshをインストール
#update-alternatives --config editor //標準エディタをvimに変更
Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
10.#shutdown -r now
よーし、とりあえずリブートだ!!

...あれ?起動しねえ、U-bootでエラー吐いてやがる!!


じゃあまたの機会にまたやり直しますかぁ・・・